一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第1回ラウンドイブニングセミナー(第52回イブニングセミナー)

2013年5月29日 | 関東支部特別講演会

[題 目]  
科学的アプローチによる泳法の発達(最速ストローク)

[講 師]  
伊藤 慎一郎
工学院大学工学部 機械工学科 教授

[開催日]  
2013年5月29日(水)18:00~20:00

[趣 旨] 
水泳記録は,本来は水着の抵抗軽減によるものではなく,泳法の技術での勝負,選手の技量の争いであったが,北京五輪では高速水着により世界記録は25個,それが禁止されたロンドン五輪では7個となった.メジャー種目においては世界記録を破るためには数年の月日が必要となったようだ.水泳を物理的に見ると,身体まわりの水の泳者に作用する流体力学である.
泳ぎは2つの最適モード(a) 最大推進力モード(最速モード),および(b)最大効率(あるいは最小エネルギ)モードに分けられる.自由形の泳法技術は腕をS字状に動かし揚力を推進力として使うS字泳法が長年君臨してきた.しかしこれは意外にも後者であった.前者の最速モードの泳ぎはスッポンの泳ぎを定式化し,理論的に産み出された泳法であり,腕を直線状(I字状)に動かし,抗力を使うスッポン泳法であった.2002年の私のこの泳法の発表以来,徐々にこのスッポン泳法が主流になってきている.そして他種目にも波及している.これらの泳法の特徴と水泳の将来を解説する.

[講演・内容]
1.18:00~19:00/講演  講師:伊藤 慎一郎 
2.19:00~20:00/懇親会
アットホームな気軽な懇親会です.講演者の方への質問・交流,会員相互の交流の場として皆様のご参加お待ちしております.講演に合わせてぜひご参加ください.

[定 員] 
50名(定員になり次第締め切らせていただきます.)

[申込方法]
「東京ブロック第1回セミナー参加申込」と題記し,
(1)氏名・会員資格・所属,
(2)連絡先(住所,E-mail,TEL,FAXなど)
(3)懇親会への出欠
を添えてE-mail,FAXまたは郵便にて下記までお申し込み下さい.
定員超過によりお断りする場合は,5月22日までにご連絡を差し上げますが,連絡の無い方は当日ご来場下さい.
参加登録は次の書式をご利用ください.

☆———————————————————–☆
「日本機械学会関東支部東京ブロック 第1回イブニングセミナー」参加申込
ご氏名:
ご所属:
ご連絡先:
E-mail:
TEL:
懇親会への出欠(どちらかを消してください):  出席  欠席
資格:会員(会員番号:        )or 会員外 or 学生
☆———————————————————–☆

会場
工学院大学 
中層棟 6 階 A0615(講演)
中層棟 8 階ファカルティクラブ(懇親会)

〒163-8677 東京都新宿区西新宿1丁目24番2号
代表電話 03-3342-1211

JR「新宿駅」下車、西口より徒歩5分
京王線、小田急線、地下鉄各線「新宿駅」下車、徒歩5分
都営大江戸線「都庁前駅」下車、徒歩3分
西武新宿線「西武新宿駅」下車、徒歩10分
参加登録費

会員1000円,会員外2000円(学生無料)

[懇親会費]
1000円(学生無料)

*いずれも当日会場にて徴収

問い合わせ先

【申込み・問合せ先】
正木信男(東京ブロック企画幹事)
株式会社ブリヂストン中央研究所研究第2部
〒187-8531 東京都小平市小川東町3-1-1
E-mail: seminar.jsme-xz@bridgestone.co.jp
Tel: 042-342-6272/FAX:042-342-6342

関連サイト
http://www.jsme.or.jp/kt/tokyo/

イベント一覧へ