一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第11回「M&Pサロン」

2013年9月27日 | 機械材料・材料加工部門特別講演会No.13

【開催日】
2013年9月27日(金)18:00~19:30

【趣旨】
今回は異業種であるゴム業界の『材料・加工』を取り上げ、社)日本ゴム協会の理事でもある鬼怒川ゴム工業�鷏の小藥 次郎氏を講師に招き、ゴム業界の技術革新についてご紹介いただきます。
従来、合成ゴムでは、ゴムポリマーに多くの配合剤を添加し、成形後に加硫(加熱)工程を経て製品としてきましたが、高温でも安定な架橋構造のため、リサイクルには不適とされてきました。近年、プラスチックと同様な成形加工ができ、リサイクル可能な熱可塑性エラストマー(TPE)が注目されております。第11回「M&Pサロン」では、講師から自動車用TPEについて話題提供していただき、参加者の方々と気軽に自由討論していただきます。奮ってご参加くださいますようご案内いたします。

【題目】
自動車用ゴム製品の技術革新-熱硬化性ゴムから熱可塑性エラストマーへ-
講師:小藥次郎氏(鬼怒川ゴム工業�鷏 取締役常務執行役員)

会場
早稲田大学西早稲田キャンパス 55S号館2階第3会議室
参加登録費

会員1000円,会員外2000円,学生・院生無料、参加費は、当日会場にてお支払いください。

申し込み先

①氏名、②所属、③勤務先住所、④電話番号、⑤会員資格の有無(会員の方は会員番号を記入して下さい)を記入のうえ、担当者、石澤 (ishizawa@jsme.or.jp/03-5360-3502) までE-mailにてお申し込みください。なお、当日の自由参加も受け付けいたします。終了後、講師を囲んで懇親会(実費)を行います。

問い合わせ先

詳細未定。

関連サイト
http://www.jsme.or.jp/mpd/mp2013/20130927_11th_salon.pdf

イベント一覧へ