一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第13回 評価・診断に関するシンポジウム

2014年12月11日 - 2014年12月12日 | 機械力学・計測制御部門講演会No.14

(主催) 日本機械学会 機械力学・計測制御部門
(共催) 日本設備管理学会,日本トライボロジー学会

【開催趣旨】
日本機械学会,日本設備管理学会,および日本トライボロジー学会では,安全・安心で持続可能な社会のための「評価」「診断」に関心を持つ研究者・技術者が集まり,分野・業種・産官学の垣根を越えて,ニーズとシーズの情報を交換する場を提供することを目的に,標記シンポジウムを開催いたします.
本シンポジウムでは,参加される方々がお互いに技術・学術交流を深めるため,一般講演における質疑・討論をパネルセッション形式で行います.4件程度の講演を一つのセッションとし,一件15分の口頭発表を連続で行った後に,別途展示したパネルの前にて30分程度の質疑・応答時間を設けます.
「評価,診断,保全,メンテナンス」をキーワードに,多くの研究者・技術者にご参加いただきますよう,ご案内いたします.

【特別講演】
・講演題目 
加工組立型プラントにおける状態監視技術の開発
・講演者 
迫 孝司 (旭化成エンジニアリング株式会社 プラントライフ事業部 メンテナンス研究所 所長)
・講演概要 
当研究所では加工組立型プラントにおける生産設備に対する状態監視技術の開発を進めており,現場への適用を図っている.加工組立型プラントの重要生産設備には,小径軸受が多数組み込まれているものや可動設備,インバータ駆動の設備など従来の振動法の適用が困難な場合が多く見られる.これらの設備の状態監視法として音響や電流を用いた状態監視技術およびインバータノイズの除去方法を開発し,良好な結果を得ているので紹介する.

【懇親会】
 日時 12月11日(木)夕刻
 参加費 5,000円

【プログラム等の詳細】
「診断・メンテナンス技術に関する研究会」のホームページにてプログラム・参加登録に関する詳細等を掲載します. 
ホームページアドレス:http://diagnosis.dynamics.mech.eng.osaka-cu.ac.jp/

会場
北九州国際会議場 2F 国際会議室
(〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区三丁目9-30)
会場URL
http://www.convention-a.jp/sponsor/kokusai/
参加登録費

会 員(共催・協賛団体員含) 5,000円/会員外  7,000円
学生員(共催・協賛団体員含) 2,000円/一般学生 3,000円
※ 当日会場にてお支払いください.

【講演論文集】
登録者特価 3,000円/会員特価 5,000円/定価 7,000円
※ 参加登録者には当日会場受付にて登録者特価で頒布.
※ 講演論文集のみご希望の方は,http://www.jsme.or.jp/gyosan0.htmからダウンロードした申込書に必要事項を記入し,代金を添えて本会事務局宛にお申し込みください.シンポジウム終了後発送いたします.なお,本行事終了後は講演論文集の販売を行いませんので,入手ご希望の方は本行事に参加いただくか,または開催前に予約申込をしてください.

問い合わせ先

独立行政法人 水産大学校 海洋機械工学科 太田博光
E-mail: ohta@fish-u.ac.jp, TEL: (083)286-5111内線275, FAX:(083)286-7433

関連サイト
http://diagnosis.dynamics.mech.eng.osaka-cu.ac.jp/

イベント一覧へ