一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

講習会 高効率エンジンのための自着火抑制と活用

2015年1月08日 | エンジンシステム部門講習会No.14

【協賛】
日本燃焼学会,自動車技術会,日本内燃機関連合会,日本マリンエンジニアリング学会

【趣旨】
火花点火エンジンではプラグで着火し火炎伝播させる.その際問題になるのがノックである.これは未燃ガス中の自着火によって衝撃波が発生し,ピストンが溶けるなどの深刻な被害を招く.したがって,効率向上を目指す場合,圧縮比,過給圧,点火時期などは「ノックしない程度に」しか選べない.これに対して高効率が期待できる予混合圧縮着火(HCCI,PCCI, RCCIなど)では,筒内温度,圧力などの条件を整えて意図的に自着火させ,積極的に利用している.このように自着火を抑制したい場合と活用したい場合がある.この毒にも薬にもなる自着火は長年研究されてきたが,最近の計測・計算技術の発達で,その機構や現象がより明確に解明されつつある.
本講習会では,自着火の抑制と活用という対極の観点を念頭に,(1)自着火やノック発生メカニズム解明の進展と現状レベル,(2)自着火を抑制する立場の研究,(3)自着火を積極的に利用する研究 等を,それぞれの専門分野でご活躍の方々を講師に招いてわかりやすく解説していただきます.自着火の最新情報,また自着火の利点・欠点や残された課題に関して総合的に学ぶことができる良い機会ですので,ぜひご参加ください.

【題目・講師】
【午前の部】
10.30‐10.35/開会挨拶

10.35‐11.35/自着火反応はどこまで理解できたか?現在のポテンシャルと課題
講師 福井大学大学院 講師  酒井 康行
 
11.40‐12.40/末端ガスにおける強い圧力波の発生メカニズム:詳細反応機構/圧縮性流体解析手法によるノック現象のシミュレーション
講師 東京大学大学院 特任准教授  寺島 洋史

(12.40 – 13.30 休憩)

【午後の部】
13.30‐14.30/自着火反応・ノックはどこまで観察できているのか?
‐低温酸化反応,HCCI,ノックの分光・可視化観察‐
講師 日本大学理工学部 助教  飯島 晃良

14.40‐15.40/火花点火機関のノック抑制と自着火利用‐自着火がもたらす害と益‐
講師 千葉大学大学院 准教授  窪山 達也

15.50‐16.50/2燃料自着火制御燃焼 
‐低騒音,低燃費,低エミッションを実現する予混合圧縮自着火の実現‐
講師 (株)豊田中央研究所 主任研究員  稲垣 和久
 
16.50‐17.00/閉会挨拶
 

【定員】
50名,申込先着順により,定員になり次第締切ります.

会場
(株)堀場製作所 東京セールスオフィス エクセレントホール(2F)
[東京都千代田区神田淡路町2-6,神田淡路町2丁目ビル /電話(03)6206-4722

JR中央・総武線「お茶の水」駅徒歩5分,丸の内線淡路町駅徒歩3分
会場URL
http://www.horiba.com/jp/contact-us/
参加登録費

会員15,000円(学生員5,000円),会員外25,000円(一般学生7,000円),いずれも教材1冊分の代金を含みます.尚,協賛団体会員の方も本会会員と同じ取り扱いとさせていただきます.

【教材】
講習会に参加されず教材のみご希望の方は1冊につき会員3,000円, 会員外4,000円.教材のみを入手ご希望の方は https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index
よりお申込み下さい.

申し込み先

本会ホームページhttp://www.jsme.or.jp/kousyu2.htmよりお申込みください.12月19日までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.以降は定員に余裕があれば当日会場受付とさせていただきます.聴講券発行後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金いたしかねますのでご注意願います.

【申込締切日】
2014年12月19日

問い合わせ先

一般社団法人 日本機械学会
(担当職員 加藤 佐知子)
電話(03)5360-3504

イベント一覧へ