一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第28回環境工学連合講演会 (The 28th National Congress for Environmental Studies)

2015年5月15日 | 講演会共催

【日時】
平成27年5月15日(金) 9.15~18.00

【趣旨】
平成24年(2012年)のRio+20を機に国際科学会議(ICSU)等の7つの学術コミュニティの連携のもとで進められている「Future earth」が平成26年(2014年)より本格的に動き始める。「Future earth」が目指すものは何か?また、環境工学はどのように貢献できるか?本シンポジウムでは、「Future Earth」への取組に関する特別講演と官・学・民の研究者および技術者による学術成果、技術成果の発表、討議を通じ、こうした問いに応えながら、バランスのとれた環境工学の発展像を探る。

(主催)日本学術会議土木工学・建築学委員会学際連携分科会
(共催)○化学工学会、環境科学会、環境資源工学会、空気調和・衛生工学会、高分子学会、資源・素材学会、地盤工学会、静電気学会、大気環境学会、土木学会、日本LCA学会、日本化学会、日本機械学会、日本建築学会、日本水道協会、日本セラミックス協会、日本鉄鋼協会、日本土壌肥料学会、日本分析化学会、日本水環境学会、廃棄物資源循環学会
(50音順、○印は幹事学会)

【プログラム】
総合テーマ:『Future earth:工学が果たす役割について』

午前の部
■開会(9.15~9.20)
開会挨拶:嘉門 雅史(日本学術会議連携会員、京都大学名誉教授)

□【Future earthを見据えて(9.20~10.20)】
座長:高島 和則(静電気学会/豊橋技術科学大学環境)
・地球環境保全に貢献する科学技術の動向
浦島 邦子(静電気学会/科学技術・学術政策研究所)
・Future Earthにおける日本のリーダーシップ
福士 謙介(土木学会/東京大学)
・Future Earthに向けた工学の再定義
安井 至(日本化学会/製品評価技術基盤機構)

□【Future earthへの貢献を考える(10.20~11.40)】
座長:岸本 充生(環境科学会/東京大学)
・環境工学としての化学工学-Future Earthへの貢献
黒沢 厚志(化学工学会/エネルギー総合工学研究所)
・サステイナビリティ学によるFuture Earthへの貢献と今後の課題
齊藤 修(環境科学会/国連大学)
・持続可能な未来のための大気環境科学-霧と露の化学研究からの展望-
井川 学(大気環境学会/神奈川大学)
・Future EarthへのHuman Activity Stressの定量評価手法としてのLCA
原田 幸明(日本LCA学会/物質・材料研究機構)

□【環境の理解から(11.40~12.40)】
座長:小林 潤(廃棄物資源循環学会/工学院大学)
・身体・建築・地球環境―その繋がりを考える―
宿谷 昌則(日本建築学会/東京都市大学)
・全球的理解のための地球観測技術とネットワーク化
野尻 幸宏(日本分析化学会/国立環境研究所)
・熱帯アジア・アフリカ地域の稲作の安定化と拡大におけるケイ酸の役割
増永 二之(日本土壌肥料学会/島根大学)

午後の部
■【特別講演(13.30~14.00)】
座長:依田 照彦(日本学術会議第三部会員、早稲田大学)
・Future Earthへの我が国の取組の現状と課題
春日 文子(日本学術会議連携会員、国立医薬品食品衛生研究所安全情報部長)

□【都市・システムの設計から(14.00~15.20)】
座長:秋元 孝之(空気調和・衛生工学会/芝浦工業大学)
・再生可能熱エネルギー利用と社会的仕組みづくり
秋澤 淳(日本機械学会/東京農工大学)
・持続可能な低炭素都市を支えるエネルギー自立型建築
丹羽 英治(空気調和・衛生工学会/〓日建設計)
・気候変動に適応した持続可能な都市圏水利用システム
古米 弘明(日本水環境学会/東京大学)
・スマート都市と水インフラへの情報制御技術の貢献
舘 隆広(日本水道協会/〓日立製作所)

□【資源循環から(15.20~16.40)】
座長:肴倉 宏史(地盤工学会/国立環境研究所)
・レアメタル循環型社会の重要性とリサイクル技術
藤田 豊久(環境資源工学会/東京大学)
・難処理鉱物資源のバイオハイドロメタラジーの潮流
笹木 圭子(資源・素材学会/九州大学)
・低炭素社会と循環型社会に向けた地盤工学における取り組み~他産業廃棄物のリサイクルを中心に~
ハザリカ へマンタ(地盤工学会/九州大学)
・水銀の環境上適正な管理について
高岡 昌輝(廃棄物資源循環学会/京都大学)

□【新材料の開発から(16.40~17.40)】
座長:阿部英喜(高分子学会/理化学研究所)
・プラスチック、ゴム製品のバイオマス原料使用率の評価法とそのISO国際標準規格
国岡 正雄(高分子学会/産業技術総合研究所)
・セラミックス分野における環境関連材料研究
三宅 通博(日本セラミックス協会/岡山大学)
・炭素循環技術による低炭素社会への貢献
加藤 之貴(日本鉄鋼協会/東京工業大学)

■閉会(17.40~17.45)
閉会挨拶:細見 正明
(第28回環境工学連合講演会運営委員長/化学工学会)

【定員】
200名(申込み先着順)

会場
日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22-34、電話(03)3403-1056)

[交通]
東京メトロ・千代田線『乃木坂駅』下車、青山霊園出口を出てすぐそば
参加登録費

無料

【講演論文集】
2,000円(学生1,000円)にて会場で有料頒布

申し込み先

2月16日(月)から5月14日(木)までに下記Websiteよりお申込み下さい。
http://www.scej.org/

問い合わせ先

化学工学会事務局(担当 老田)
〒112-0006 東京都文京区小日向4-6-19
TEL:03-3943-3527/ FAX:03-3943-3530
E-mail:oida@scej.org

イベント一覧へ