一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

講習会 次世代エンジン燃焼と制御の接点

2016年1月14日 | エンジンシステム部門講習会No.15

【協賛(予定)】
日本燃焼学会,自動車技術会,日本内燃機関連合会,日本マリンエンジニアリング学会

【趣旨】
ハイブリットなど車両電動化の技術開発を通じて,改めて基幹技術である内燃機関の重要さが見直され,新しいエンジンとその燃焼系の研究開発は新たなステージに移行している.ダウンサイジング,高過給・高EGR,リーンバーン,LTC/低温燃焼・・・など多くのキーワードが飛び交い,様々な研究開発が行われている.しかし今後のエンジン燃焼のさらなる飛躍には,燃焼系の開発のみでは限界があり,制御を最大限に活用したシステムの開発が重要であると考えられる.
本講習会では,次世代のエンジン燃焼の現状・将来や制御への期待,エンジン制御の概要や最新のエンジン制御,そして燃焼と制御の相互関係や協調などについて,それぞれの専門分野でご活躍の方々を講師に招いてわかりやすく解説していただきます. “燃焼”と“制御”というエンジンシステムにおける両輪を多角的に捉えて,それらの様々な接点を議論・模索し,知見を共有できる良い機会ですので,ぜひご参加下さい.

【題目・講師】
【午前の部】
10.00‐10.05/開会挨拶

10.05‐11.05/ガソリンエンジンの熱効率向上とエンジン制御への期待
講師 トヨタ自動車(株) エンジン先行設計部  高橋 大志

11.15‐12.15/新世代クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-Dにおける燃焼制御技術 
講師 マツダ(株) パワートレイン開発本部エンジン性能開発部  志茂 大輔

(12.15 – 13.30 休憩)

【午後の部】
13.30‐14.30/先進エンジンを支えるモデルベース制御の最前線
講師 (株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター統合制御開発室  安井 裕司

14.40‐15.40/次世代エンジン燃焼の実現に向けた制御システム
講師 東京大学大学院 工学系研究科機械工学専攻  山崎 由大

15.50‐16.50/0D/1Dディーゼル燃焼シミュレーション(UniDES)を利用したエンジン・制御系開発の可能性
講師 豊田中央研究所 機械1部燃焼研究室  稲垣 和久

16.50‐17.00/閉会挨拶

【定員】
60名,申込先着順により,定員になり次第締切ります.

会場
日本大学 生産工学部39号館6階 スプリングホール
[千葉県習志野市泉町1-2-1(津田沼キャンパス)/電話(047)474-2201/]
会場URL
http://www.cit.nihon-u.ac.jp/access/
参加登録費

会員15 000円(学生員5 000円),会員外25 000円(一般学生7 000円),いずれも教材1冊分の代金を含みます.尚,協賛団体会員の方も本会会員と同じ取り扱いとさせていただきます.

【教材】
講習会に参加されず教材のみご希望の方は1冊につき会員3 000円, 会員外4 000円.教材のみを入手ご希望の方は https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index
よりお申込み下さい.

申し込み先

本会ホームページhttp://www.jsme.or.jp/kousyu2.htmよりお申込み下さい.または,本会ホームページhttp://www.jsme.or.jp/gyosan0.htmより行事申込書をプリントいただき,必要事項をご記入の上,FAX03-5360-3507でもお受けしております.12月25日までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.以降は定員に余裕があれば当日会場受付とさせていただきます.聴講券発行後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金いたしかねますのでご注意願います.

【申込締切日】
2015年12月18日

問い合わせ先

一般社団法人 日本機械学会
(担当職員 総務グループ 曽根原)
電話(03)5360-3500

イベント一覧へ