一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第27回内燃機関シンポジウム-エンジンシステムのイノベーションを目指して-

2016年12月05日 - 2016年12月07日 | エンジンシステム部門講演会No.16

【共催】
日本機械学会(幹事学会),自動車技術会

【協賛】
可視化情報学会,石油学会,日本液体微粒化学会,日本エネルギー学会,日本ガス協会,日本ガスタービン学会,日本トライボロジー学会,日本内燃機関連合会,日本燃焼学会,日本マリンエンジニアリング学会,日本陸用内燃機関協会

【後援】
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)

【開催趣旨】
内燃機関シンポジウムは,車両をはじめとする各種パワートレインの健全な発展を図るために,エンジンシステムの先進技術に関する情報交換の場を提供することを目的として,日本機械学会と自動車技術会の共催により1970年から開催しているものです.2016年度は第27回となり,日本機械学会エンジンシステム部門が主担当となり開催いたします.
内燃機関の研究開発も大きく動こうとしています.乗用車用エンジンの世界ではSIPのプロジェクトで50%の熱効率が目指され,また船の世界ではGHG排出規制が本格化するなど,効率改善に関する大きな挑戦が始まっていますが,この達成にはイノベーションが不可欠となっています.本シンポジウムにおける活発な議論を通じて,企業,大学,研究所等に属する研究者,技術者,学生の交流を図り,エンジンシステム技術の発展に貢献したいと考えております.エンジンシステム部門の皆様におかれましては,奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます.
第27回内燃機関シンポジウム 実行委員会委員長 畔津 昭彦

【日程】(予定)
12月5日(月)
8:50~9:00 /開会式
9:00~9:45 /基調講演1
10:00~18:30/パラレルセッション

12月6日(火)
9:00~11:30 /フォーラム1
12:30~18:50/パラレルセッション
19:00~20:30/懇親会

12月7日(水)
9:00~10:00 /基調講演2
10:15~15:10/パラレルセッション
15:20~17:50/フォーラム2
17:50~18:00/閉会式

【基調講演1】
日時 12月5日(月) 9:00~9:45
講演者 杉山雅則 (トヨタ自動車)
講演題目 (仮)SIP革新的燃焼技術 -わが国の内燃機関研究の将来像-

【基調講演2】
日時 12月7日(水) 9:00~10:00
講演者 青柳友三 (新エイシーイー)
講演題目 高過給・高EGR率の大型クリーンディーゼルの研究

【フォーラム1】
「エンジン制御研究開発から始まる新たな展開」
   12月6日(火) 9:00~11:30
概要
リアルワールドでの性能向上,燃料多様性,更には膨大になった適合作業コストの削減が求められる内燃機関では,制御技術がますます重要となっている。SIP革新的燃焼技術でも4課題のうちの1つにエンジン制御を据え,産学との連携,また熱・燃焼工学と制御工学の連成が始まった。異なる分野,用語の理解から始まったSIPでのエンジン燃焼制御研究の紹介,現状のエンジン制御技術に関する情報を共有し,今後の性能向上,分野発展に向けた課題について議論することを趣旨とする。
司会 山崎 由大(東京大学)
講師 大畠 明(テクノバ),大森 浩充(慶應義塾大学),申 鉄龍(上智大学),
志茂 大輔(マツダ)

【フォーラム2】
「進化を続ける計測技術」
   12月7日(水) 15:20~17:50(予定)
概要
計測技術は研究・開発の基盤技術として,常に進化を遂げてきた.2014年から SIP 革新的燃焼技術で大規模な内燃機関に関する産学官連携研究の取組みが始まったこともあり,進化が更に加速されている.本フォーラムでは,従来の計測技術の最新動向に加えて,他分野技術との融合による新たな計測技術への取り組みを紹介し,情報共有の場を提供する.

司会 冬頭 孝之(豊田中央研究所)
講師 座間 淑夫(群馬大学),相澤 哲哉(明治大学),文 石洙(産業技術総合研究所),
出口 祥啓(徳島大学)

【学術講演】
講演時間は25分(発表15分,討論10分)です.

【機器展示】
ロビーにおいて機器展示を行います.

【懇親会】
12月6日(火) 夕刻実施 会場:蔵前会館
会費:一般6,000円,学生3,000円

【プログラム】
プログラムに関しては,下記URLをご参照ください.プログラムは更新されることがあるので,最新のプログラムをご参照願います.
http://www.jsme.or.jp/conference/ICES2016/

【講演論文CD-Rのみ購入ご希望の方へ】
講演会に参加されずに講演論文CD-Rのみを購入ご希望の方は,日本機械学会ウェブサイト内の以下のページよりお申し込み下さい.行事終了後に発送いたします.
https://www2.jsme.or.jp/fw/index.php?action=kousyu_index
講演論文集は1冊につき,会員特価:7,000円,定価:10,000円(いずれも送料込み)です.

会場
東京工業大学 蔵前会館(東京都目黒区大岡山)
東急大井町線,目黒線「大岡山駅」 駅前
参加登録費

(講演論文集を含む.共催および協賛学会員は会員扱いです.)
正員    13,000円(11月14日以前)/ 15,000円(11月15日以降※)
会員外 28,000円(11月14日以前)/ 30,000円(11月15日以降※)
学生(会員) 4,000円(11月14日以前)/  6,000円(11月15日以降※)
学生(会員外) 8,000円(11月14日以前)/ 10,000円(11月15日以降※)
(※11月15日以降、実質的には当日のみ手続き可)

申し込み先

シンポジウムホームページ(http://www.jsme.or.jp/conference/ICES2016/)よりオンライン登録でお願いいたします.
シンポジウムホームページの「参加登録」の項からお申し込み下さい.
オンライン参加登録受付は11月14日(月)までを予定.オンライン参加登録受付終了後は、
当日会場にて参加受付を行います.(当日クレジットカード利用可)

問い合わせ先

日本機械学会エンジンシステム部門(担当職員 総務G曽根原)
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地信濃町煉瓦館5階
電話(03)5360-3500/(FAX)03-5360-3508/E-mail:sonehara@jsme.or.jp

関連サイト
http://www.jsme.or.jp/conference/ICES2016/

イベント一覧へ