一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

次世代診断治療支援のための血流シミュレーション ~基礎から実践まで~ 【定員に達しましたので申し込みを終了いたしました】

2016年11月05日 | バイオエンジニアリング部門講習会No.16

【協賛】
日本脳神経血管内治療学会,日本放射線技術学会

【開催日】
2016年11月5日(土) 9:30~17:20

【趣旨】
動脈瘤をはじめとした血管病の発症,成長,破裂には血流の関与が指摘されている.近年,数値流体力学(CFD)を利用した血流研究が増加しており,血管病の診断・治療に対する支援技術としての発展が期待されている.医師や技師などの医療従事者が自らCFDを活用し,これを診断・治療支援の一部として利用していくためにはCFDの長短を理解しておくことが前提となる.本講習会では医療従事者をはじめとして血流のCFDの基礎から実践までを網羅的に解説する.

【題目・講師】
9:30~10:30/1.血流シミュレーションとは
埼玉大学 工学部 准教授 中村匡徳
10:40~11:40/2.血流シミュレーションに必要な流体力学
埼玉大学 工学部 准教授 中村匡徳
12:40~13:40/3.血流シミュレーションの方法
(株)イービーエム 兼 早稲田大学 客員准教授 八木高伸
13:50~14:50/4.血流シミュレーションの結果と解釈
東北大学 流体力学研究所 准教授 太田 信
15:10~16:10/5.血流シミュレーションの品質評価
東北大学 流体力学研究所 准教授 太田 信
16:20~17:20/6.血流シミュレーションの事例
(株)イービーエム 兼 早稲田大学 客員准教授 八木高伸

【定員】
30名(申込み先着順,定員になり次第締め切ります)

【教材】
参加者には資料を配布致します.資料のみの販売は致しません.

会場
東京大学 医学部附属病院 管理研究棟2F 第3会議室
参加登録費

【聴講料】
正員15 000円,会員外23 000円,学生員7 000円,一般学生11 000円
※協賛団体会員の方は会員(正員あるいは学生員)価格が適用されます.
開催日の10日前までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.以降は定員に余裕がある場合当日受付を致します.なお,当講習会では銀行振込の払込票等をもって領収書に代えさせて頂き,聴講券(兼領収書)は発行致しませんので,当日はお申込み時の自動返信メールを印刷の上,会場受付までお持ち下さい.本会所定の領収書がご入用の場合には
http://www.jsme.or.jp/japanese/contents/02/receipt.html
をご参照の上、別途お申し込み下さい.

問い合わせ先

日本機械学会(担当職員 大竹英雄)
電話(03)5360-3500/FAX(03)5360-3508/E-mail: otake@jsme.or.jp

イベント一覧へ