一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

第25回スペース・エンジニアリング・コンファレンス [SEC 16]

2016年12月21日 - 2016年12月22日 | 宇宙工学部門講演会No.16

(共催)大学宇宙工学コンソーシアム
(協賛)日本航空宇宙学会,宇宙航空研究開発機構

【趣 旨】
世界初の人工衛星打ち上げからおよそ半世紀に亘り,宇宙開発は目覚ましく進んでいます.H-IIA, H-IIBロケットに加えてイプシロンロケットの登場,衛星ではGPM,ALOS-II,はやぶさ2などが打ち上げられています.また,H-IIA相乗りに加えて国際宇宙ステーションからの放出など超小型衛星の打ち上げ機会が増えてきており,さらに大学主導のロケット打ち上げ実験も数多く開催されています.スペース・エンジニアリング・コンファレンス(SEC)は宇宙工学とそれに関連した幅広い分野の講演や議論を通じて,宇宙工学の発展に寄与して行くことを目指しています.この機会を通じて,大学等における基礎研究から宇宙機システムの開発・運用に至るまでの技術交流の場としてご活用頂きたく,多くの方々のご参加をお願い申し上げます.詳細や最新情報は以下のホームページでご確認ください.
日本機械学会宇宙工学部門 〔http://www.jsme.or.jp/sed/〕

【宿泊予約】
参加者の皆様には,出来る限りホテルかめ福(講演会場ホテル)でのご宿泊をお願い致しております.宿泊申し込みは,以下の申込書
http://www.jsme.or.jp/sed/sec/kamefuku_apply.xlsx
をダウンロードして頂き,ご記入の上,下記宿泊受付先までお送り下さい.また,同じ大学の参加者などでお誘い合わせの上,申し込まれる際は,代表者が取りまとめてお送り下さい.部屋のタイプは,和室5-6名相部屋(部屋割はご希望に添えない場合があります)が基本となります.個室の洋室も数室用意しておりますので,利用希望の方はそちらをご選択下さい.料金(朝食込・税抜き価格):和室5-6名1部屋で6,000円.洋室個室(ツイン又はダブル):1名利用の場合11,000円,2名利用の場合8,000円.宿泊料金はチェックアウト時に各自ご清算願います.なお,宿泊申込締切は【11月18日(金)厳守】でお願い致します。(学生の講演申込者の方は,同行される指導教官の先生にも,上記についてお伝え下さい)

【宿泊受付先】(締切11月18日(金)厳守)
〒755-8611 山口県宇部市常盤台2丁目16-1/山口大学大学院理工学研究科 システム設計工学系 葛山 浩/電話(0836)85-9108/FAX(0836)85-9101/E-mail: katsura@yamaguchi-u.ac.jp

【SEC 16 プログラム】
12月21日(水)  (○は発表者)前者と同一の場合は共著者の勤務先省略
宇宙システム 【座長:葛山浩 (山口大)】
13:20-13:40 1A1 ヒンジ機構を有する車輪型ローバの研究 ○小林亮介、西田信一郎 (鳥取大・院)
13:40-14:00 1A2 スペースデブリを捕獲するハンド機構 ○清水厚文、西田信一郎 (鳥取大・院)
14:00-14:20 1A3 スペースデブリ捕獲用画像処理の高速化 ○織田優作、西田信一郎 (鳥取大・院)
14:20-14:40 1A4 ハイブリッドアクチュエータを用いた高精度指向制御装置の試作 ○清水誠一、小出来一秀、福島一彦 (三菱電機(株) 先端総研)、吉田憲正 (大阪府立大)
14:40-15:00 1A5 ソフトウェア無線を用いた衛星通信シミュレータの開発 ○古賀将哉、宮里和良、松永三郎 (東工大)
15:00-15:20 1A6 ASTRO-H(ひとみ)搭載機器のアライメント性能 ○石村康生、石田学、河野太郎、飯塚亮 (JAXA)、尾曲邦之 (日本電気)、立川清隆 (日本飛行機)、ASTRO-Hアライメントチーム
15:20-15:40 1A7 逆運動学に基づく単一の可変速二軸ジンバルコントロールモーメントジャイロの駆動則 ○河尻翔太、松永三郎 (東工大)

15:40-15:50 休憩

宇宙システム・小型衛星 【座長・西田信一郎 (鳥取大)】
15:50-16:10 1B1 オンボード衛星画像分類のための機械学習手法の比較検討 ○太田佳、小池毅彦、谷津陽一、松永三郎 (東工大)
16:10-16:30 1B2 通信用民生ICの放射線耐性評価ならびに衛星コンポーネントへの応用 ○永田晃大 (筑波大)、今井隆仁 (日本発条)、保田敦司、渡辺 展正、亀田敏弘 (筑波大)
16:30-16:50 1B3 次世代アマチュア衛星通信技術実証「NEXUS」 ○山口清、鈴木智大、宮崎康行 (日大理工)
16:50-17:10 1B4 電磁石を用いた超小型衛星同士の結合近傍における磁場モデルの検討 ○渡邉拓、鳥阪綾子 (首都大学東京)、小澤悟 (JAXA)、佐原宏典 (首都大学東京)
17:10-17:30 1B5 ハブに巻き付けられたコンベックステープの剥離条件 ○福永桃子、宮崎康行 (日大理工)
17:30-17:50 1B6 高温環境における衝突試験方法 ○波多英寛(熊本大)

懇親会: ホテルかめ福 (時間・会場は講演会当日通知します)

12月22日(木) (○は発表者)前者と同一の場合は共著者の勤務先省略
宇宙構造 【座長:石田良平 (阪府大)】
8:30 -8:50 2A1 皮膜に網を被せたスーパープレッシャー気球の展開特性について ○中村聡 (東海大・院)、中篠恭一 (東海大)、斎藤芳隆、後藤健 (JAXA)、秋田大輔 (東工大)、松尾卓摩 (明治大)
8:50 -9:10 2A2 張力場理論による皺の振幅値の計算結果と実験結果との比較 〇鈴木康太 (鳥取大・院)、岩佐貴史 (鳥取大)
9:10 -9:30 2A3 シザーズ構造を用いたパラボラ曲面を持つ宇宙構造物の設計法 ○山口広太郎、宮坂明宏、渡邉力夫 (東京都市大)、川口健一 (東京大学)
9:30 -9:50 2A4 X線CT画像ら求めた熱可塑性CFRPの空隙率の異なる解像度での比較 ○森川行徳 (摂南大・院)、岸本直子 (摂南大)
9:50 -10:10 2A5 剛体及び剛体拘束系への構造保存型ANCFの適用 ○菅野宏伸、宮崎康行 (日大理工)
10:10-10:30 2A6 CFRP鏡面の形状制御に関する基礎研究 ○田中宏明 (防衛大)

10:30-10:40 休憩

宇宙構造・イオン・再突入 【座長:下田孝幸 (JAXA)】
10:40-11:00 2B1 形状可変機能を用いたRest-to-Rest三軸姿勢変更に関する一考察 ○渡邉輔祐太、俵京佑、松永三郎 (東工大)
11:00-11:20 2B2 低温環境下でのCFRP 板の破壊メカニズムについて ○石田良平 (阪府大)
11:20-11:40 2B3 スライディング放電を用いた誘電体表面近傍および積層誘電体間におけるイオン風の発生 ○坂本隆佑 (阪工大・院)、吉田恵一郎 (阪工大)
11:40-12:00 2B4 電磁力エアロブレーキング惑星突入法での希薄流効果解明に向けたこれまでの数値解析的な試みとこれからの実験的試み ○葛山浩、豊留拓磨、福田直生、加藤泰生 (山口大・院)
12:00-12:20 2B5 宇宙研アーク風洞の現状 ○下田孝幸 (JAXA)

会場
湯田温泉「ホテルかめ福」
〔山口県山口市湯田温泉4丁目5番〕
会場URL
http://www.kamefuku.com/
参加登録費

正員・講演者 18,000円(講演論文集(USB配布)を含む)
会員外 27,000円(同左)
学生員・学生発表者 7,000円(講演論文集含まず)
一般学生 11,000円(同左)
参加申込,参加登録費は当日会場にて申し受けます.なお,共催・協賛団体会員のかたは,本会会員価格に準じます.

【講演論文集】
参加登録者特価2,000円,会員特価5,000円,定価8,000円.講演会に参加せずに講演論文集を購入される場合は日本機械学会HP(http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm)からお申し込みください.

問い合わせ先

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階 (社)日本機械学会 宇宙工学部門(担当 木下)
TEL: 03-5360-3501/FAX: 03-5360-3508/E-mail:kinoshita@jsme.or.jp

イベント一覧へ