一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

「英語力強化合宿 Academic Boot Camp」

2010年3月05日 - 2010年3月06日 | 講習会No.10

【協賛】
IEEE Robotics and Automation Society Japan Chapter(RAS-JC)

【趣旨】
近年,若手技術者・研究者にとって英語コミュニケーション能力の必要性はますます高まっています.本講習会では,講師として日米の研究事情・教育事情に詳しい国際的な研究者を迎え,その豊富な経験に基づく実践的な英語コミュニケーション指導を行います.具体的には,英語でのプレゼンテーション能力の向上を主な目的とし,資料の作成・発表・質疑応答に関する一連の流れを含む演習を行うことで,総合的な英語力の強化を図ります.資料の作成・発表に関しては,講義を反映した資料作成演習をワークショップ形式にて行い,今後の技術者生活・研究者生活に重要なひな形を習得することを目指します.なお,短期集中での能力向上,意識向上を図るため,講習は少人数・宿泊形式で実施します.

【プログラム】
1日目(3月5日)
9.00~12.10:国際舞台へ挑戦する技術者-英語論文執筆・発表・コミュニケーション作法-
富山 健(千葉工業大学 工学部 未来ロボット学科 教授)
12.10~13.00:昼食
13.00~15.00:Explaining Scientific Research
James Kuffner(カーネギーメロン大学 ロボティクス研究所 准教授,
産業技術総合研究所 デジタルヒューマン研究センター 招聘研究員)
15.00~18.00:プレゼンテーション資料作成演習
18.00~19.00:夕食
20.00~:プレゼンテーション資料作成演習等
2日目(3月6日)
9.00~12.00:プレゼンテーション実習(I)
プレゼンテーション,参加者による質疑,講師による講評
12.00~13.00:昼食
13.00~16.00:プレゼンテーション実習(II)
プレゼンテーション,参加者による質疑,講師による講評

【参加条件】
1.英語能力の向上の意識,熱意を持って取り組んで下さい.
2.宿泊を伴う2日間のセミナーですので,1日だけの参加はできません.
3.PowerPointなど,プレゼンテーションソフトウェアの基本的な使用方法の知識を有することを前提とします.
4.参加者は各自,プレゼンテーションソフトウェアがインストールされたノートブックパソコンを持参して下さい.

【事前課題】
優れた英文論文の読解およびプレゼンテーション資料作成を事前課題として課します.講習会開催日までに課題論文をよく読んで理解しておいて下さい.また,参加費支払い手続きを終えた方には,テキスト(富山真知子,富山健,『いざ国際舞台へ!理工系英語論文と口頭発表の実際』,コロナ社,1996)を事前にお渡しします.論文とテキストは当日持参して下さい.

会場
幕張セミナーハウス(千葉県習志野市茜浜2-3-2)
会場URL
http://www.kensyu.com/sh/makuhari/
参加登録費

会員40 000円,会員外60 000円,学生員25 000円,一般学生35 000円(宿泊費,テキスト資料代金を含む)
※正員の博士課程学生については,学生員参加費25 000円を適用いたします.

申し込み先

申込者1名につき,下記申込ボタンからオンライン申込みをいただくか,http://www.jsme.or.jp/gyosan0.htm より行事申込書をダウンロードしてFAXによりお申込み下さい.なお,お申込みの際,「通信欄」に「性別(宿泊を伴いますので,部屋割り決定に用います)」,「生年月日(宿泊の事務手続きに必要となります)」,「TOEIC/TOEFLスコア(テスト経験がある場合)」を通信欄にご記入願います.

【定員】
24名(定員になり次第受付終了いたします)

問い合わせ先

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門担当
小倉 辰徳/電話(03)5360-3501/FAX(03)5360-3508/E-mail:ogura@jsme.or.jp

イベント一覧へ