一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

実践セミナー「宇宙機器の機械設計」

2010年12月22日 | 宇宙工学部門特別講演会No.10

【協賛】
航空宇宙学会中部支部

【後援】
浜松地域新産業創出会議(浜松商工会議所)

【趣旨】
国際宇宙ステーションが完成し,宇宙が身近に感じられる時代がやって来ました.宇宙機器は,極限までの軽量化(有限寿命)・過酷な環境条件(打上環境、宇宙環境)・無故障(高信頼性)などが求められ,機械設計の真髄を究めた究極の実用機械です.そこで、ロケットや人工衛星などの最先端の宇宙機器を対象として,宇宙開発の現場で活躍中の技術者を講師にお招きし,最新の機械設計について学ぶ実践セミナーを企画しました.次世代の機械設計を担う若い技術者や大学生・院生の方々には,是非この機会に最前線の活きた知識を習得し、宇宙機器や産業機器の発展に寄与していただきたいと考えます.

【対象】
次世代の機械設計を担う若い技術者や研究者(大学生を含む)の方を中心としますが、希望すれば年齢・経験は問いません.

【日程】
12:30~13:00 受付
13:00~14:15 (1) 大型技術試験衛星ETS-�の機械設計
~大宙(おおぞら)にふたつ大きな夢(傘)ひらく~
 三菱電機鎌倉製作所宇宙システム部 世古博巳
14:15~15:30 (2) H-IIBロケット 大型構造物の開発
~世界初 全接合FSW適用ロケットタンクの開発~
三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所宇宙機器技術部 仲西俊之
15:30~15:45 休憩
15:45~17:00 (3) 宇宙ステーション補給機HTVの機械設計
~NASAを唸らせた発想と技術評価~
 三菱重工業名古屋誘導推進システム製作所飛翔体技術部 河野秀文

会場
静岡大学浜松キャンパス 佐鳴会館会議室
〔浜松市中区城北3-5-1,浜松駅よりバスで10分〕
会場URL
http://www.shizuoka.ac.jp/ippan/hamamatsu.html
参加登録費

会員(共催団体会員を含む)3 000円(学生員無料),会員外5 000円(一般学生1 000円),参加費は当日会場にてお支払下さい.

申し込み先

参加ご希望の方は、下記の申込先へ,「実践セミナー申込み」と題記し,(1)氏名, (2)会員資格,(3)年齢,(4)所属先,(5)連絡先(住所+電話・FAX・E-mailアドレス等)を明記の上,E-mail又はFAXにてお申し込みください.なお,申込者多数の場合は先着順とさせていただきますのでご了承下さい.

【定員】
100名(会員外の方も歓迎いたします)

問い合わせ先

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地信濃町煉瓦館5階/
社団法人日本機械学会 宇宙工学部門(担当職員 滝本真也)/
電話 (03) 5360-3500/FAX (03) 5360-3507/E-mail: takimoto@jsme.or.jp

イベント一覧へ