一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

イブニングセミナー(第133回) 「生物は何処まで機械か―生命科学の最先端と生気論最後の砦―」

2010年11月24日 | 技術と社会部門特別講演会No.10

【開催日】
2010年11月24日(水)18.00~20.00

【趣旨】
技術はいま,資源,環境問題をはじめ,巨大化とブラックボックス化による人間疎外の傾向に関して多くの批判にさらされている.技術が受け入れられて発展するのも,拒絶され衰微するのも,また技術者の社会的地位のあり方も,社会との深い関わりの中にあることは明らかである.われわれが新しい時代を担う責任ある技術者であろうとするならば,人間についての深い洞察を持つとともに,社会の動きを正しく見極めなければならない.技術と人間,技術と社会の関わりについて現状を理解し,将来を展望することを目的とする.

【テーマおよび講師】
「生命(いのち)とは何か?」,「生物の定義は?」古くて新しい問いである.
生命(現象)に関しては,古代ギリシャ時代から「生気論」と「機械論」という二つの概念の対立があった.
19世紀にルイ・パスツールによる自然発生説の否定以来,生命科学の発展は生命現象も化学反応によって説明でき,20世紀半ばに始まった分子生物学の発展は生物・生命の仕組みも分子レベルでの説明を可能にした.1970年代に始まった所謂ニューバイオテクノロジーは,遺伝子組換え技術,細胞融合技術,クローン動物作成技術など生物を機械のように思いのままに操作することを可能にした.
そして2000年にはヒトの全ゲノム解読が終わり,ついに人類はヒトの設計図を手にしたと言われた.その後もES細胞やiPS細胞の発見利用により,人体の部品である臓器の再生への道も見えて来た.更に,今年になって米国の研究機関は「人工細菌」の作成に成功したと発表した.生命科学の発展と共に追い込まれて来た「生気論」も終に消え去ったのであろうか.
「生命(いのち)の世紀」と言われる21世紀に生きている我々は,クローン人間,デザイナーズベイビー,GMO,脳死の問題,臓器移植,再生医療など身近な問題として生命(いのち)とは何かを自問自答しながら生きることを否応なく強いられている.
生命科学の最先端を覗きながら,改めて「生命(いのち)とは何か?」を考えてみたい.
講師:才園哲人(科学随筆家)

【懇親会】
高田馬場駅前の土風炉(とふろ)にて,講師を囲んで懇親会を行います.会費3 000円程度.

【次回予定】
2010年12月22日(水)18.00~20.00
演題未定

会場
早稲田大学理工学部 西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)62号館1階大会議室
東京都新宿区大久保3-4-1/電話(03)5286-3000
地下鉄副都心線「西早稲田」駅(大学構内に出口)下車0分,JR「高田馬場」駅戸山口下車徒歩12分
早稲田大学キャンパス案内図
会場URL
http://www.waseda.jp/jp/campus/okubo.html
参加登録費

正員・准員1 000円,会員外1 500円,学生員・博士後期課程会員 無料,一般学生500円.当日会場にて申し受けます.

申し込み先

【申込方法】
「No.10-141イブニングセミナー(第133回)申込み」と題記し,(1)会員資格(会員番号),(2)氏名,(3)勤務先・所属,(4)連絡先(郵便番号・住所・電話番号・E-mailアドレス)を明記の上,E-mailまたはFAXにて下記までお申し込み下さい.

【申込先】
日本機械学会 技術と社会部門(担当職員 井上 理)/E-mail:inoue@jsme.or.jp/FAX(03)5360-3508

問い合わせ先

(株)日機装技術研究所 小西義昭/電話(042)392-3087/E-mail:y.konishi@nikkiso.co.jp
都立産業技術高専 吉田喜一/電話(03)3801-0146(内線544)/E-mail:kyoshida@acp.metro-cit.ac.jp

イベント一覧へ