一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

2010年度セミナー「技術者のための継続教育セミナー」 ディスカッションによる技術者倫理 (関東支部,イノベーションセンター 合同企画)

2011年1月28日 | 関東支部講習会

【協賛(予定)】
日本技術士会,可視化情報学会,計測自動制御学会,自動車技術会,精密工学会,ターボ機械協会,日本計算工学会,日本航空宇宙学会,日本塑性加工学会,日本鋳造工学会,日本マリンエンジニアリング学会,日本ロボット学会,溶接学会,化学工学会,日本建築学会,土木学会,電気学会,日本化学会,電子情報通信学会,日本工学教育協会〕

【開催日】
2011年1月28日(金)10.00~17.30

【趣旨】
昨今,技術者あるいは技術を取りまく環境に対してより一層の倫理,モラルが求められている.21世紀に入り,技術もより一層進歩し,ますます高度化されてきている.近年では,技術的なことが原因で生じている不祥事も少なくない.そこで,本セミナーでは,技術者としての心構え,企業倫理等についての講演,および受講生が倫理について考えることが重要との方針のもとに,倫理をより一層深く理解するため小人数によるケーススタディーを基本としたグループでの検討や討論をとおし,技術者倫理について学んでもらいます.

【参加対象】
・技術者倫理について、より幅広い知識や教育方法を学びたい方
・技術者倫理の教育を実践している方、あるいは新たに実践したい方
・技術者倫理教育を通じて学生に学習意欲を持たせたい方
・ディスカッションによる体系的な教育方法(ファシリテーション)を学びたい方

【プログラム】
10.00~10.15/はじめに
横浜国立大学 大学院工学研究院 教授(主査)高田 一
10.20~11.00/企業における技術者の倫理
元東芝首席技監 大輪武司
11.10~11.50/企業が守るべき倫理
慶應義塾大学 商学部 准教授 梅津光弘
12.50~13.30/倫理教育の実際
金沢工業大学 工学部 教授 札野 順
13.35~14.15/創造的なディカッションの方法-ファシリテーション-
沼津工業高等専門学校 准教授 大石加奈子
14.25~14.55/討論のためのビデオ視聴
金沢工業大学 工学部 教授 札野 順
14.55~15.35/グループで議論およびまとめ
講師全員
15.40~16.40/グループ間で討論
講師全員
16.45~17.30/演習
元東芝首席技監 大輪武司

会場
日本機械学会会議室
東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館5階/電話(03)5360-3500
JR中央・総武線「信濃町」駅下車,徒歩1分
参加登録費

会員6000円,会員外10000円.開催10日前までに,聴講料をご入金願います.以降は,定員に余裕がある場合,当日受付いたします.聴講料は現金書留または銀行振込〔三菱UFJ信託銀行新宿支店 普通 No. 1979632 口座名:社団法人日本機械学会関東支部〕にてご送金下さい.

申し込み先

「関東支部セミナー2010」聴講申込みと題記し,(1)氏名,会員資格,(2)勤務先名称,所属部課名,所在地,(3)電話番号,FAX,E-mail,(4)聴講料の送金日および送金方法をご記入の上,下記あてFAXまたはE-mailにてお申し込み下さい.

ご注意
(1)聴講決定者には後日聴講券をお送りしますので,当日必ずご持参下さい.
(2)聴講券発行後は,取消しのお申し出がありましても聴講料は返金いたしません.

【定員】
30名,申込み先着順により定員になり次第締め切ります.

問い合わせ先

〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階 日本機械学会内/日本機械学会関東支部/電話(03)5360-3510/FAX(03)5360-3508/E-mail:kt-staff@jsme.or.jp

イベント一覧へ