一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

2021年度「機械の日」記念講演 “命を守る機械”

2021年8月07日 | オンライン開催機械の日・機械週間

オンライン開催・参加費 無料

日時 2021年8月7日(土)13:30~15:30

閲覧方法 Youtube配信〔詳細URLは後日掲載〕

対象  高校生・社会人一般

プログラム

『臓器をつかむ力がドクターに伝わる!外科手術支援ロボット』
リバーフィールド(株) 川嶋 健嗣 氏

—術者が操作するマスタデバイスとそれに追従して患者側で動作するフォロワーロボットから構成される、低侵襲な外科手術支援ロボットを紹介します。
体内の鉗子先端で臓器をつかんだ力を空気圧駆動の柔らかさを用いて推定し、術者に反力として伝える機能を特徴とし、大学発ベンチャーからの実用化を目指しています。


『最後の砦としてのECMOと人工心臓』
国立循環器病研究センター 築谷 朋典 氏

ーーー新型コロナウイルスによる重症肺炎、心臓のポンプ機能が失われる重症心不全の治療では、肺や心臓の機能を代替する機械が用いられ患者様の救命に役立てられています。本講演では最先端の人工心臓や人工肺の仕組みをわかりやすく紹介します。

(画像提供:日本人工臓器学会)

 


機械の日・機械週間とは

“機械”の意義や役割を広く社会と共に考え、人間と機械のふさわしい関係を模索するため、産官学の関係各方面と協力して、記念日と記念週間を制定して各種の事業を企画開催することにし、七夕の中暦にあたる8月7日を「機械の日」、8月1~7日を「機械週間」(メカウィーク)としました。七夕は、技巧上達を祈念する中国の「乞巧奠」(きっこうでん)に由来し、奈良時代にわが国に伝来しました。「たなばた」の読みは、この日に神に捧げる御衣を「棚機(タナバタ)」という当時の織機で織り上げたことから生じたとされています。


問合せ先:日本機械学会「機械の日」係/E-mail: kikainohi@jsme.or.jp

会場
オンライン開催

イベント一覧へ