一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

P-SCD分科会 成果報告

P-SCD 382「せん断流の多様な機能の探究と先端科学技術への応用に関する研究分科会」成果報告
本研究会(P-SCD0382)は,せん断流の有する多様な機能を探究し先端科学技術への応用を促すことを目指して,関連する分野の研究者や技術者が忌憚なく議論を交わし情報交換を行う場を提供するために発足した.活動期間は2013年10月から2016年9月までの3年間であり,この間に合計8回の研究分科会を開催した.研究分科会では,せん断乱流の構造と遷移過程に関する基礎的な研究から,変動圧力及び壁面せん断応力の計測技術や壁面摩擦抵抗の低減技術,PIVの速度データから圧力を推定する手法といった技術的な側面にフォーカスした話題のほか,小型風車の設計や流体・構造連成問題,キャビテーション乱流,ジェットエンジンの試験環境構築に関わる技術開発といった応用的な研究に加え,パルプ懸濁液や細胞内の流動特性といった非常に幅広い分野に渡って話題提供がなされた.企業の方からも都合4件の話題を提供していただき,開発現場が抱える技術的な課題への取り組みについて拝聴する貴重な機会となった.本研究分科会は2016年9月をもって一旦終了したが,同年10月より新たに金沢大学の木綿隆弘教授を主査とし,岐阜大学の菊地聡准教授,富山大学の渡邊大輔講師の両名を幹事にするという体制のもと,継続スタートすることとなった.本分科会が研究対象とするせん断流の重要性は今後さらに高まるものと考えられ,分科会の活動を通してこの分野の研究・技術開発が進展するきっかけとなることを期待したい.
P-SCD 382委員名簿
主査 福西 祐(東北大学),幹事 伊澤精一郎(東北大学),

関下信正(豊橋科学技術大学),青野 光(東京理科大学),赤木富士雄(福岡大学),安東洋一(福岡大学),飯尾昭一郎(信州大学),西尾 悠(東北大学),石川 仁(東京理科大学),市川誠司(東京理科大学),一宮昌司(徳島大学),伊藤靖仁(名古屋大学),井上吉弘(岐阜大学),今尾茂樹(岐阜大学),岩野耕治(名古屋大学),牛島達夫(名古屋工業大学),大倉重喜(アスモ(株)),大竹智久(日本大学),梶島岳夫(大阪大学),亀田孝嗣(近畿大学),河上充佳((株)豊田中央研究所),神﨑隆男(大同大学),菊地謙次(東北大学),菊地 聡(岐阜大学),木村元昭(日本大学),木綿隆弘(金沢大学),久保 貴(名城大学),熊谷 聡(ヤマハ発動機(株)),剱地利昭(函館工業高等専門学校),高曽 徹(九州大学),小里泰章(大同大学),酒井康彦(名古屋大学),榊原 潤(明治大学),佐藤光太郎(工学院大学),清水誠二(日本大学),鈴木博貴(名古屋工業大学),角田 勝(近畿大学),瀬田 剛(富山大学),田畑隆英(鹿児島工業高等専門学校),角田博之(山梨大学),寺島 修(名古屋大学),中島里実(㈱川本製作所),長田孝二(名古屋大学),農沢隆秀(マツダ(株)),長谷川裕晃(秋田大学),羽田喜昭(長野工業高等専門学校),半田太郎(豊田工業大学),平田勝哉(同志社大学),平元理峰(北海道工業大学),深潟康二(慶応義塾大学),深澤 薫(山梨大学),布施明徳(原田車両設計株式会社),渕脇正樹(九州工業大学),彭 國義(日本大学),前川 博(電気通信大学),松島紀佐(富山大学),松原雅春(信州大学),松村昌典(北見工業大学),光石暁彦(豊橋技術科学大学),宮城徳誠(日本大学),宮田勝文(山梨大学),村松旦典(日本大学),望月 修(東洋大学),望月信介(山口大学),元祐昌廣(東京理科大学),森西洋平(名古屋工業大学),山田俊輔(防衛大学校),吉岡修哉(立命館大学),吉田憲司(大阪大学),渡邊大輔(富山大学)