一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

安全工学シンポジウム2010

2010年7月08日 - 2010年7月09日 | 講演会共催

【講演募集部門】
・事故,災害に関する安全の概念
・安全と人間性,社会特性(ヒューマンファクターを含む)
・システムの安全性と信頼性(リスクアナリシス,セーフテイアセスメントを含む)
・事故防止に関する検査・診断技術
・安全制御技術(ロボット,自動化システムを含む)
・建設に関する安全性と信頼性(計画,設計,施工,施工管理など)
・電気,電子および情報に関する安全性と信頼性(コンピュータ関連システム,セキュリティを含む)
・機械に関する安全性と信頼性(非破壊検査,構造健全性,寿命予測を含む)
・交通に関する安全性と信頼性(航空,宇宙,船舶,車両,道路など)
・燃焼,火災,爆発に関する安全性
・有害物質,環境に関する安全性
・地震と安全
・都市計画と安全
・災害と救急医療
・安全と危険予知
・製品と安全,PLの実証
・医療・福祉に関する安全
・その他の安全性に関する科学(理学,薬学,農学,医学などとの境界分野を含む),技術,教育,国際基準など

【講演発表時間】
1題につき20分(講演15分,討論5分).なお,原則としてPCプロジェクターを使用します.

【一般プログラムの採否とプログラム編成】
講演は既発表のものでも,新たに纏めたものであれば申し込みを認めます.講演の採否は,本シンポジウム実行委員会にご一任願います.なお,本シンポジウムでは,一般発表と別に,適当なトピックスを選んでオーガナイズドセッション(OS) を設ける予定です.一般プログラム応募講演のうちOSテーマの内容と合致する論文は,オーガナイザーの判断によりそのOSに組み入れる場合があります.

会場
日本学術会議 講堂・会議室
(東京都港区六本木7-22-34 電話 (03)3403-6291)
〔交通〕地下鉄千代田線「乃木坂」駅下車すぐ
参加登録費

参加自由:入場無料

申し込み先

【講演申込み方法】
講演希望者は,安全工学シンポジウム2010ホームページ内の講演申し込みフォームに以下の項目を記入の上,お申し込み下さい.
・講演希望部門(前記の1.項による)
・講演題目(後で変更のないように留意ください)
・講演者氏名(当日の講演者を筆頭にしてください)
・所属学協会ならびに会員資格(1名以上が共催学協会の会員である事)
・勤務先
・連絡者住所,電話番号,FAX番号,E-mailアドレス
・講演概要(200字以内にまとめて書いてください)

【講演予稿集原稿の提出】
原稿枚数2頁または4頁で日本語または英語にて作成提出してください.
原稿のひな形はホームページ上にありますのでご利用下さい.
ひな形を用いない場合はホームページ上に掲載されている執筆要領に基づいて作成してください.
なお,原稿提出は,ホームページ上の原稿提出のページ内のフォームにしたがって提出してください.
原稿締切日:2010年5月30日(月)

問い合わせ先

特定非営利活動法人 安全工学会
  〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-5-2 アロマビル6F
  電話 (03)6206-2840 URL: http://wwwsoc.nii.ac.jsse3/
  FAX  (03)6206-2848 E-mail:jsse-2004@nifty.com

イベント一覧へ