一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

サステイナブルコミュニティの形成に向けた暮らしとものづくりの最新技術動向

2023年5月11日 - 2023年5月12日 | 動力エネルギーシステム部門オンライン開催講習会No.23-21

No. 23-21 講習会
「サステイナブルコミュニティの形成に向けた暮らしとものづくりの最新技術動向」

日本機械学会 動力エネルギーシステム部門企画

 

協賛(予定): (五十音順) エネルギー・資源学会、化学工学会、火力原子力発電技術協会、計測自動制御学会、情報処理学会、水素エネルギー協会、ターボ機械協会、電気学会、日本エネルギー学会、日本ガスタービン学会、日本原子力学会、日本材料学会、日本鉄鋼協会、日本伝熱学会、日本燃焼学会、日本ボイラ協会

 

開催日時: 2023年 5月11日(木) 13:30~16:40 /5月12日(金) 13:30~16:40 (2日間開催)

会 場: オンライン開催(Zoomミーティングを利用)

趣 旨:
2022年11月、エジプトにて国連による気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)が開催され、世界の気温上昇を1.5度に抑えるためには、各国のさらなる努力が必要であることが確認されました。経済産業省が2021年に発表した「第6次エネルギー基本計画」では、2050年カーボンニュートラル実現に向けて、産業界、消費者、政府など国民各層の総力を挙げた取り組みが必要と述べられました。需要サイドでの徹底的な省エネ・分散型エネルギーリソースの有効活用、地域と共生する形での再生可能エネルギー、水素・アンモニアの社会実装、将来にわたった途切れない必要な資源・燃料の安定確保と脱炭素の取り組み等が政策対応のポイントとして、挙げられました。持続可能な社会の実現に向けて、山積する課題を議論する場としての学会の取り組みが求められます。
今回の講習会では、「サステイナブルコミュニティの形成に向けた暮らしとものづくりの最新技術動向」をテーマに、オンライン2日間コースで、第1日目は「暮らし」を主軸に私たちの生活に基づいたコミュニティとしてのスマートシティ、第2日目は「ものづくり」を主軸に持続可能な産業コミュニティの在り方について、各分野における最新の動向と技術、さらには導入のための課題までを幅広く紹介いたします。
動力エネルギーのその周辺に存在する「社会」という広義な視点での講習会として、その最新の情報に触れ、今後の技術開発を聴講者の皆様と共に考える場として、奮ってのご参加をお待ちしております。

 

プログラム:

5月11日(第一日目)

13:30 – 13:40 開会挨拶

13:40 – 14:30 講演1 「地域エネルギー需給データベースを活用したエネルギーシステムの
サステイナブル戦略」
講師 東北大学 大学院工学研究科 技術社会システム専攻 中田 俊彦

14:30 – 14:40  休憩

14:40 – 15:30  講演2 「サステイナブルコミュニティの形成におけるZEB(ネット・ゼロ・
エネルギービル)の役割」
講師 早稲田大学 創造理工学部建築学科 田辺 新一

15:30 – 15:40  休憩

15:40 – 16:30  講演3 「求められる建築・建設分野の脱炭素化とZEHの普及に向けた取り組み」
講師 積水ハウス株式会社 環境推進部 寺西 一浩

16:30 – 16:40  一日目閉会の挨拶と連絡事項

 

5月12日(第二日目)

13:30 – 13:40  第二日目開会挨拶

13:40 – 14:30  講演4 「産業エリアのサステイナブルコミュニティの先進事例:
川崎臨海部におけるカーボンニュートラルコンビナート形成に向けた取組について」
講師 川崎市 臨海部国際戦略本部成長戦略推進部 篠原 顕

14:30 – 14:40   休憩

14:40 – 15:30  講演5 「サステイナブルなものづくりに向けた三菱ガス化学のメタノール事業」(仮題)
講師 三菱ガス化学株式会社 基礎化学品事業部門 企画開発部プロセスグループ   藤岡 慎也

15:30 – 15:40   休憩

15:40 – 16:30     講演6 「自動車用LIBを含めた都市鉱山からの資源回収の取組み」(仮題)
講師 三菱マテリアル株式会社 環境・エネルギー事業カンパニー
エネルギー事業部事業戦略統括部 小隅 誠司

16:30 – 16:40   閉会の挨拶

 

定員: 100名(申込み先着順)

申込締切: 4月21日(金)(定員となり次第締め切ります)

参加費: 正員・協賛団体一般 4,000円(学生員・協賛団体学生員2,000円)
会員外 8,000円(一般学生4,000円)

※参加費はいずれも税込み価格です。

※学生員から正員資格へ移行された方は、卒業後3 年間、本会講習会へは学生員価格で参加可能です。申込先フォームのチケット種別は「正員(学生員から正員への継続特典対象者)」を選択し、通信欄に卒業年と卒業された学校名をご入力ください。

※特別員(法人会員)資格にてご参加の場合は、参加費は正員価格となります。チケット種別は「特別員」を選択し,会員番号欄に11桁の行事参加料割引コード(xxxxxxx-xxxx)をご記入ください。

※協賛団体会員の方は「協賛団体一般」「協賛団体学生員」のいずれかを選択し、申込先フォームの会員番号欄に所属団体の会員番号を、通信欄には協賛団体名をご記入ください。

※「特別員行事参加無料券」を利用される場合、参加費は無料となります。予め特別員行事参加無料券の原本をご用意の上、チケット種別は「特別員(行事参加無料券使用)」を選択してお申込みください。申込完了後、Peatixより配信される自動返信メールと、行事参加無料券(原本)を担当職員までご郵送ください。郵送先:
〒162-0814 東京都新宿区新小川町4番1号 KDX飯田橋スクエア2F (一社)日本機械学会 森本

 

教材: 教材のみの販売はありません。当日用資料として講習会参加者にのみメール配信いたします。

 

申込方法: Peatix(ピーティックス)にて受付します。詳細は下記 URL よりご確認の上、1 名ずつお申込みください。

https://jsme23-21.peatix.com/

参加費の支払いについて:

■上記 URL からお申込みとお支払いをお願いいたします。

■参加費のお支払いには、クレジットカード・コンビニ・ATM のいずれかがお使いいただけます。

■コンビニ/ATM 払いでのお支払いの際は、1 件あたり 220 円(税込)の手数料をご負担いただきます。

■コンビニ/ATM でのお支払期限は、お申し込みから 3 日以内です。申込後 3 日以内にお支払いされなかった場合は自動でキャンセルとなります。

■お申込内容は、Peatix アカウントもしくは Peatix より配信されるお申し込み詳細メールからご確認いただけます。「peatix.com」からのメールを許可するように受信設定をお願いします。

■原則として、お支払い完了後はキャンセルのお申し出があってもご返金できませんのでご了承ください。

 

領収書について:

Peatix より発行される領収データを領収書としてお使いください。領収書は Peatix アカウントへログイン時に表示されるチケット画面もしくはお申し込み詳細メールからご取得いただけます。取得方法等の詳細は 下記 URL をご確認ください。
https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001821741

 

お申込の際の注意事項:

■新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、視聴される方の安全を考慮し、複数人での視聴ではなく参加者お一人ずつ個人単位でお申込みとご視聴をお願い致します。

■参加費のご入金が確認出来た方には、開催3日前を目途に、ミーティング ID とパスワード・当日用資料についてメールにてご連絡いたします。

■参加者による、講習会の静止画/動画撮影・録音は禁止です。

■当日の発表の音声・スライドの著作権は発表者に帰属します。

■資料の二次配布は禁止されています。

■必要なもの
・視聴用のパソコン *必須
・イヤホンまたはスピーカー(PC に内蔵されているもので構いません) *必須
・有線または無線ブロードバンドのインターネット接続 *必須
・マイク *講師に口頭で質問される方のみ必須

■オンライン参加のための技術的なサポートや、インターネット接続回線・接続端末の不備などに対するサポートはございませんので、予めご了承ください。必ず前日までに機材の事前準備と動作確認をした上でご参加ください。

■Zoomの事前テスト方法
https://zoom.us/test

■Zoomヘルプセンター
https://support.zoom.us/hc/ja

 

問合せ先: 日本機械学会〔担当職員 森本〕
E-mail morimoto@jsme.or.jp

会場
オンライン開催
申込締切
2023年4月21日

イベント一覧へ