一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

JSMEジュニア会友向け機械の日企画 動力エネルギーシステム部門 (機械工学振興事業資金助成企画) 親子見学会 未来科学館と電気の史料館の見学 - 科学技術を学び、電気の歴史をたどる -

2015年7月30日 | 動力エネルギーシステム部門特別講演会No.15

共 催:世田谷文学館
協 力:株式会社 東芝,東京電力株式会社

【趣 旨】
将来を担う子供たちに機械や工学、エネルギーに興味を持って頂くことを目的として、夏休み親子見学会を企画しました。今回は、1887年に日本で電気が供給されてから128年間の電気の歴史をたどる「電気の史料館」の見学、そして、新しい技術がつくる未来を体感する「東芝未来科学館」の見学をします。
「電気の史料館」では、明治から大正時代にかけて使われたアーク灯、エジソンの発明品を展示したエジソンコレクション、1939年から60年間にわたり信濃川発電所で用いられたフランシス水車発電機、そして千葉火力発電所で使われていた全長23m(!)の旧 1号タービン発電機の展示物などをガイドツアーで見学します。
2014年1月にリニューアルオープンした「東芝未来科学館」では、実験などを通して科学技術を楽しく学ぶことが出来るサイエンスゾーン、様々な先進技術で人々の暮らしを変えてきた科学技術の歩みをたどるヒストリーゾーン、スマートコミュニティの未来に触れる展示ゾーンを、自由回覧で見学いただきます。
巨大な発電機や電気器具をご覧頂き、またエネルギーとエレクトロニクスの最先端の未来をぜひ体感してください。奮ってのご参加をお待ちしております。
なお、ジュニア会友向け企画ですので、会友でないお子様は、参加申込み後、見学会前にご入会をお願いします。

【見学行程(予定)】
9:50 JR川崎駅改札口(時計台)集合
10:00 出発 (貸切バスにて移動)
10:20~12:00 電気の史料館 見学
ガイド見学, 千葉火力発電所旧1号タービン など
12:00~12:40 昼食(お弁当などをご持参ください) 昼食後,貸切バスにて移動
13:00~15:00 東芝未来科学館 見学
自由観覧,サイエンスショー見学
15:00 解散
※ 移動には貸切バスを利用します。
※ 詳細予定は、後日、参加者へご連絡いたします。

【定 員】
60 名(職員・保護者含) 定員となり次第、締切とさせていただきます。

【申込締切】
7月17日(金)(定員に満たない場合、締切後も受付いたします。)

【対 象 者】
JSME のジュニア会友(小学生~中学生)とその保護者
※ 小学生は保護者同伴とします。未就学のお子様の参加は不可です。
※ 未入会の方は事前にご入会をお願いします。ジュニア会友へのお申込みは、以下のURLをご覧ください。もしくは見学会参加申込の際にお申し出下さい。ジュニア会友申込書類を郵送いたします。(入会金500円のみ 会費は無料) http://www.jsme.or.jp/japanese/contents/03/junior.html

【注意事項】
※ 安全のために、動きやすい服装・靴でお越しください。
※ 指定の場所以外での撮影(動画、画像など)はできません。
※ 昼食はお弁当などをご持参ください。

会場
電気の史料館(神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町4-1)
東芝未来科学館(神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34)
参加登録費

無 料 (昼食はご用意ください)

申し込み先

【申込方法】
「15-61 親子見学会 参加申込」と明記の上、ジュニア会友番号、氏名(ふりがな)、年齢、学校・学年、連絡先住所、電話・FAX、メールアドレス、参加保護者の氏名(ふりがな)、年齢を添えて、下記メールアドレスまでお申し込み下さい。
受付が受理された参加者へは、申込受付メールをお送り致します。

【申込先】
pes-oyako@jsme.or.jp

問い合わせ先

TEL(03)5360-3505、FAX(03)5360-3509、E-mail:pes-oyako@jsme.or.jp
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階
一般社団法人 日本機械学会 動力エネルギーシステム部門担当

イベント一覧へ