一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

技術士養成講座Bコース -技術士2次試験 筆記試験対策-

2011年6月04日 | マイクロ・ナノ工学部門特別講演会No.11

【開催日】
2011年6月4日(土)9:00~17:00

【趣 旨】
2000年度から実施に移された新技術士法により若い技術士が誕生しつつあります.日本機械学会では,「技術士」取得を希望する会員の皆様を応援しています.現在学生員である人,企業の若い技術者もチャレンジ可能です.このような日本機械学会の支援プログラムを体験することが,合格への近道であると確信しています.
支援プログラムの全体は1次試験用のAコース,2次筆記試験用のBコース,2次口答試験用のCコースより構成されます.講座の全容については,HPをご覧下さい。(http://www.jsme.or.jp/InnovationCenter/peindex.htm)
今回,技術士2次筆記試験に向けて下記要領にて募集を行います.受講希望者は奮ってご応募下さい.

【Bコース(2次筆記試験対策)内容】
(1)事前通信教育 講師陣による通信教育にて,記述論文の書き方を添削指導します.
①専門科目(1科目を選択し,記述専門論文「600字×3枚×2問」を作成)
  詳細(問題・解答用紙など)は申込後,別途ご連絡させていただきます.
 【提出締切 2011年5月6日(金)】→2011年5月末を目処に添削内容を返信します.
②業務経歴書(本試験と同様の様式にて作成)
 業務経歴書は4/20(水)までに送付いただければ,受験申込みに間に合うよう4月末までに添削して返信いたします.教務経歴書の添削をご希望されない方は,必須ではありません.

(2)講習会 2011年6月4日(土)
午前
 9.00     会場集合
 9.30-12.00  必須科目 筆記試験 (機械全般に渡る論理的考察・問題解決能力を示す記述論文「600字×3枚×1問」,実際に論文を作成していただきます.)
 12.00-13.00 昼食(弁当ご持参下さい.)
午後
 13.00-14.00 必須科目解説
 14.15-15.00 選択科目の全般的留意点
 15.00-16.30 選択科目解説(希望科目ごとに分かれ,要点を解説します.)
 16.30-17.00 質疑

科目
・選択科目
①機械設計 小西義昭(日機装技術研究所)
②材料力学 鈴木章彦(元埼玉大,元IHI)
③機械力学・制御 金光陽一(元九州大,元荏原)
④動力エネルギー 檜佐彰一(元東芝)
⑤熱工学 木内龍彦(TEC)
⑥流体工学  未定
⑦加工 畑 明(コンサルタント,元日立)
⑧交通・物流 森村浩明(東工大)
⑨ロボット 中嶋秀朗(千葉工大,元JR東日本)
⑩情報・精密 古石喜郎(メカテクノ,元三菱電機)

・必須科目
大輪武司(芝浦工業大学,元東芝),澤田 寿(日立プラントテクノロジー)

【定 員】
50名 申込み先着順により定員になり次第締め切ります.

【申込締切】
2011年4月28日(木)

会場
日本機械学会 会議室
東京都新宿区信濃町35番地,信濃町煉瓦館5階
電話(03)5360-3500/JR中央・総武線「信濃町駅」下車,徒歩1分
会場URL
http://www.jsme.or.jp/gakkai.htm
参加登録費

【受講料】
会員(個人)30 000円,会員外(個人)40 000円

【入金方法】
郵便振替については,別途ご連絡させていただきます.

【振込期限】
2011年5月9日(月)
(会員外の方は,入会申込みの手続きをお取りいただければ,会員価格で受講可能です.下記へお尋ね下さい.)

申し込み先

【申込方法】
「No. 11-46技術士養成講座Bコース受講申込み」と題記し,(1)氏名およびフリガナ,(2)会員資格の有無・会員番号,(3)勤務先(学校学部)・所属(学年),(4)連絡先(郵便番号・住所・電話番号・E-mailアドレス)自宅か勤務先かを明記下さい,(5)最終学歴(大学・学部・学科),(6)希望選択科目を明記の上,下記申込先にE-mailにてお申し込み下さい.

【申込先】
社団法人 日本機械学会「技術士養成講座」係
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階
電話(03)5360-3506/E-mail:pe-staff@jsme.or.jp

問い合わせ先

社団法人 日本機械学会「技術士養成講座」係
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階
電話(03)5360-3506/E-mail:pe-staff@jsme.or.jp

イベント一覧へ