日本機械学会サイト

目次に戻る

2018/1 Vol.121

【表紙の絵】
「心ウキウキゆかいな
メロディーメーカー」
吉川 知里 さん(当時9 歳)

前にテレビで見た“日本の町工場で作られたネジや部品が世界で使われている”という話をきっかけに考えていた機械です。
ドアの開閉の力で歯車が動き、その時その気分にあった音楽が流れてきます。
朝は1 日を元気に過ごせるようなやる気の出る音楽、夜は1 日の疲れをとってくれる優しい音楽、
悲しいことがあった時は、なぐさめてくれます。
荷物やお手紙が届くとお知らせチャイムが流れます。

バックナンバー

特集 新たな価値創造のために ~女性活躍と多様性の推進~

女性技術者・メカジョがさらに活躍するためには

田中 真美(東北大学)

組織によるさまざまな支援

女性の活躍を後押しするために、さまざまな支援が行われている。本稿では東北大学で行われている、大学全体、工学系、そして機械系の支援について紹介する。

東北大学は開学以来の精神として、「門戸開放」を謳っており、1913年に日本初の3名の女子大学生が誕生している。現在、大学は文部科学省のダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)杜の都エンパワーメント推進事業に採用され、さまざまな取り組みが進められている。表1 に現在の大学の支援を示す。これまでも、東北大学は2006年に文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成事業」や2008年に「女性研究者養成システム改革加速」事業に採択され、それらの終了後は独自に支援を行ってきたが、今回の杜の都エンパワーメント推進事業に採択されたことによって項目2、7、8、11 が新たに加えられた。特筆すべきは、項目1と3 の両立支援に関しては、性別に関わらず支援が行われており、複数の男性も利用しているところである。また、項目9 の次世代育成のサイエンス・エンジェルは、女子大学院生による活動で2006年から行っているものである。図1 は今年度のMITと共同科学イベントの様子であり、活発に行われた様子が伝わってくるであろう。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: