日本機械学会サイト

目次に戻る

2018/1 Vol.121

【表紙の絵】
「心ウキウキゆかいな
メロディーメーカー」
吉川 知里 さん(当時9 歳)

前にテレビで見た“日本の町工場で作られたネジや部品が世界で使われている”という話をきっかけに考えていた機械です。
ドアの開閉の力で歯車が動き、その時その気分にあった音楽が流れてきます。
朝は1 日を元気に過ごせるようなやる気の出る音楽、夜は1 日の疲れをとってくれる優しい音楽、
悲しいことがあった時は、なぐさめてくれます。
荷物やお手紙が届くとお知らせチャイムが流れます。

バックナンバー

特集 新たな価値創造のために ~女性活躍と多様性の推進~

ソルトレイクシティでの大学生活と子育てを通して

金子 暁子(筑波大学)

図1 ユタ大学のロゴ「U」と大学図書館

はじめに

渡米のきっかけ

2016年11月から2017年8月までの10 か月間、米国ユタ州ソルトレイクシティにあるユタ大学(University of Utah)(1) のDepartment of Mechanical Engineering にResearch Scholarとして滞在する機会を得た。きっかけは夫の1年間のソルトレイクシティへの海外赴任であった。同行するかしないか? 同行するとしたら大学での仕事はどうするのか? 赴任先に受け入れてくれる研究機関があるのか? 保育園児の子供たちは帰国後再び保育園に戻れるのか? さまざまな課題がある中で、家族で同行する決断をし、10 か月間過ごすことになった。ここでは異国での大学生活や子育てを通して見聞きした一部を記したい。

課題は山積み、でも行きたい。そのような気持ちだったので、早い段階で上長に相談した。ソルトレイクシティにはユタ大学があることから、大学のサバティカル制度を利用しユタ大学に在籍することを決めた。懸念材料の中にはDepartment of Mechanical Engineering に筆者が専門とする混相流に関する研究者がいないことがあった。悩んだ末、DepartmentのChairにメールで事情を説明したところ、幸いにも返信があった。伝熱関係の教員を紹介して下さり、Prof. Keunhan (Kay) Park の研究室にお世話になることが決まった。いざ、ソルトレイクシティへ。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: