日本機械学会サイト

目次に戻る

2018/1 Vol.121

【表紙の絵】
「心ウキウキゆかいな
メロディーメーカー」
吉川 知里 さん(当時9 歳)

前にテレビで見た“日本の町工場で作られたネジや部品が世界で使われている”という話をきっかけに考えていた機械です。
ドアの開閉の力で歯車が動き、その時その気分にあった音楽が流れてきます。
朝は1 日を元気に過ごせるようなやる気の出る音楽、夜は1 日の疲れをとってくれる優しい音楽、
悲しいことがあった時は、なぐさめてくれます。
荷物やお手紙が届くとお知らせチャイムが流れます。

バックナンバー

特集 新たな価値創造のために ~女性活躍と多様性の推進~

多様性は変化する社会へのそなえ

秋葉 敏克〔(株)東芝〕

社会変化と多様性

ボーダレス社会での多様性への取り組み

日本政府観光局の統計では、2017年9月時点で、訪日外客数は2017年の累計が2100万人を超え、日本国内でも外国人と接する機会が増えて国際化・ボーダレス化が進んでいる。また、SNS やIoT など情報も多様化し、データ社会も進化している。言い古された感があるが、少子高齢化社会の到来や終身雇用制の崩壊など、今後社会は大きく変化し、進化を続けていくと予想される。このような変化の大きい社会に対応するための備えとして、多様性を持った組織や、各人が多様性を許容する意識へ改革することが必要と考える。

多様性は、国籍、性別、年齢、宗教、価値観など、外見だけでなく、内面的な違いも含んでいる。いわゆるダイバーシティ・マネジメントは、1950年代、1960年代の米国公民運動が起点と言われている。同一賃金法(1963年)、市民権法(1964年)などが制定され、法令遵守のために企業は多様性のある人材の採用を始め、ダイバーシティ・マネジメントの考え方が浸透することになった。

日本では、1985年に男女雇用機会均等法が制定され、男女雇用差の是正に取り組むことになった。日本は、多人種、多文化、多宗教が存在する米国とは状況が違うため、雇用面で少数派となっていた女性への取り組みが先行することになったと思われる。本稿では、女性活躍推進法が2016年に施行され、女性の活躍がますます期待されていること、本誌がメカジョ- 女性活躍の特集であるので、女性活躍推進にフォーカスして、企業の取り組みなどについて述べ、多様性活用の重要性、その目的などを考えていく。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: