キーワード: 連載・通常

第10回 あわや剽窃行為?引用と参考文献にはご注意を

No.1211, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1211-40/

論文の著者には引用した情報の出典を明らかにする責任がありますが、ただ明示するだけでなく、所定の様式に則って細部まで正確に記載することが重要です。他者の論文を自分の言葉で言い換えて使用(パラフレーズ)した場合でも、必ず引用したことを明らかにします。他者の論文の情報を使用していること…Read More

第10回 棒のねじり

No.1211, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1211-28/

棒のねじり 1 はじめに 今回の講義では棒のねじりを取り扱う。ねじりモーメントが作用する棒において,単位長さ当たりのねじれ角を求めることが解法の出発点となる。本稿では,取り扱いの複雑な角型断面等を除き,中実の丸棒や中空円筒といった基礎的な棒のねじり問題に限定して議論する。

キーワード

No.1211, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1211-48/

機械工学事典「電子版」について 1997年に発刊された機械工学事典を電子化し、会員限定コンテンツとして公開しています。用語の追加や改訂を順次進めていますので、是非ご活用下さい。https://www.jsme.or.jp/publication/technical-data/ &…Read More

(株)酉島製作所 世界のライフラインを支えるなにわのポンプメーカー“百年企業”

No.1210, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1210-30/

日本にはこんなすごい会社がある! 大阪・高槻に本社を構える酉島製作所(以下、酉島)は、1919年創業。8月1日に100周年記念式典を開催したばかりの“百年企業”だ。1920年に片吸込単段タービンポンプの製作を現在の大阪市此花区酉島町で始めて以来、ポンプ一筋。今も日本のポンプ業界を…Read More

キーワード

No.1210, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1210-39/

機械工学事典「電子版」について 1997年に発刊された機械工学事典を電子化し、会員限定コンテンツとして公開しています。用語の追加や改訂を順次進めていますので、是非ご活用下さい。https://www.jsme.or.jp/publication/technical-data/ &…Read More

課題は困難であればあるほど面白い

No.1210, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1210-38/

私は小学校の卒業文集に「将来の夢は博士になることだ」と書くほど科学が大好きな少年でした。小学生時代は、線香の煙を紙ヒコーキにあてて空気の流れを可視化したり、発泡スチロールでさまざまな形状の模型船を造っては近所の用水路に浮かべて実験したりと、飛行機や船に関する科学が大好きな少年でし…Read More

研究から学んだこと

No.1210, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1210-41/

測定器を自分で作る(1) 私の博士学位論文は、「乱流平板境界層拡散火炎の安定と構造に関する研究」と題する実験研究です。この研究は、当時最新の流体流速測定法であったレーザドップラー流速計(LDV)を用いて、燃焼場での速度測定を行ったものでした。LDVは当時大変高価であり、大学院生で…Read More

き裂と向き合い続けた三年間

No.1210, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1210-40/

2018年度 日本機械学会賞(論文)「多結晶Ni基超合金の室温疲労き裂進展に及ぼす結晶粒の方位と粒界の影響」檜垣 真奈、阪口 基己、松浪 賢史、金子 秀明、唐戸 孝典、鈴木 健太、井上 裕嗣 DOI: 10.1299/transjsme.17-00578 このたびは、日本機械学会…Read More

第9回 不静定はりのたわみ

No.1210, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1210-32/

1 はじめに 前回の講義では,外力条件のみから曲げモーメントの分布が求まる静定問題を扱った。本講では,はりの変形に関する条件を適用しなければ支持反力やモーメントが求まらない不静定問題について講義する。

第9回 論文タイトルの黄金律 短く、専門的すぎず、でも具体的に

No.1210, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1210-36/

著者から論文を受け取ると、ジャーナル編集者と査読者はまずタイトルをチェックして内容を瞬時に推察します。ここでタイトルがピンとこないものだと、いかに内容がよくてもリジェクトされてしまう可能性があります。研究の内容が明瞭に伝わるだけでなく、もっと知りたいと思わせる説得力のある論文タイ…Read More

キーワード

No.1209, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1209-47/

機械工学事典「電子版」について 1997年に発刊された機械工学事典を電子化し、会員限定コンテンツとして公開しています。用語の追加や改訂を順次進めていますので、是非ご活用下さい。 https://www.jsme.or.jp/publication/technical-data/

今を一生懸命に

No.1209, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1209-49/

本会の会員になったのは30歳になった頃である。普通は各大学の機械工学科を卒業するまでには学生会員になって、その後は正会員として継続していると思う。筆者の場合は精密機械工学科の卒業であり、大学院に進学すると同時に精密工学会に入会し、地方国立大学の機械工学科に採用されるまで精密工学会…Read More

第8回 静定はりのたわみ

No.1209, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1209-36/

1 はじめに 本稿では,はりが横荷重やモーメントを受ける場合に生じる変形=たわみの解析法を取り扱う。はりのたわみに関する微分方程式を解く基本的な手順について説明するとともに,例題を通して典型的な静定問題の解析法について解説する。

流体工学との出会い

No.1209, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1209-46/

私は豊橋技術科学大学にて流体工学に関する研究を行っております。現在楽器の研究に関わっているのは、中学・高校でブラスバンド部に所属していた縁かもしれません。子供の頃から読書や学ぶことは好きで、高校生になってからも数学や物理が好きでした。この頃から漠然と研究者になりたいという考えを持…Read More